続・わたくしの宝もの 31_憧れの二等車


前回は、グリーンの袴をはいたお友達二人組の話をしたのよね。

ついでだから保母学校の話を続けます。

同級生には樺太、台湾、朝鮮から入学された方もいたのよ。

メソジスト教会を代表して来ていらしたの。

宗教的な布教はなくて、ただお勉強にいらしていて。

故郷に帰ってあちらで幼稚園を開いたと風の便りで聞きました。

樺太から来ていたお二人は、夏休みは帰省されていたけれど、冬休みは帰れなくてね。とっても遠いから冬休みのように短い期間だと難しいのね。

お正月を東京で過ごすしかなくて、かわいそうに思ったわ。

一方のわたくしはというと一学期、二学期、三学期、と休みに入るたびに帰省していました。東京から福井まで毎回。

三等車で帰っていたけれど一度だけ、二等車に乗って帰ったことがあるのよ。

一等車は皇族の方々が乗られるところで、二等車は今でいうところのグリーン車ね。普通車にあたるのが三等車、という区分けになっていたの。

三等車は汽車の側面に赤い線が引いてあるのだけれど、

二等車は青色の線だから一目ですぐ分かるのよ。二等車はね、座る椅子から何から違うの。

三等車は三人掛けだけれど、二等車は二人掛けだし、売りにくるお弁当も質が良くて。なにせお金持ちしか乗らない車両だもの。

二等車に乗って帰ったときは、父にたいそう怒られました。

親も乗ったことないのに学生の身で、ってね。

当然といえば当然だけれど、学割制があったからちょっとは安かったし、何事も経験だからとつっぱってみたりもしていました。

《二等車に乗って帰って大目玉》

H29.04.10号より


日本トイズサービス株式会社

〒111-0034

東京都台東区雷門2-6-1雷門ミハマビル7階

TEL:03-6802-7011 FAX:03-6802-7143

  • @gantsu_com

© 2020 gantsu.net All Rights Reserved.