わたくしの宝もの 番外編 ②花園のような幼稚園時代

2017/06/26

 

前回から引き続き、会長の人生を紐解く「番外編」を2回に渡ってお送りしています。

 

 

念願の幼稚園の先生として赴任したのは東京・大田区の大森。

 

 

当時の体重は16貫目(※)で、「デブせんせい」なんて言われてからかわれていたの。

 

私が担任ではなかったのだけれど、園児の中に女優の朝丘雪路さんがいらしたのよ。

彼女はね、それはそれはおませさんでね、

「今日はいいお天気ですねー」なんて、大人のような挨拶をしていたわ。

 

旦那様の津川雅彦さんは一時期、グランパパっていうおもちゃ屋さんをやっていたでしょう。

不思議な縁を感じるわよねえ。

 

 

園児の送り迎えはダットサンでしていたのよ。

25、6人乗ったかしら。一人ひとりお家まで送ってあげたの。

 

 

今思い返してみると、幼稚園は花園のようで楽しかったわ。

意地悪な人が一人もいなくて、とっても良い職場だった。

 

本当にあのころは楽しかったわ。人生の花だったわね。

 

 

 

 

※会長の名誉のため、㎏への変換表記は控えます(編集部)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミニーちゃんと一緒にお仕事しています

 

 H27.03.23号より

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
RSS Feed
Please reload

Please reload

日本トイズサービス株式会社

〒111-0034

東京都台東区雷門2-6-1雷門ミハマビル7階

TEL:03-6802-7011 FAX:03-6802-7143

  • @gantsu_com

© 2019 gantsu.net All Rights Reserved.