続・わたくしの宝もの 11_洗い流して

2017/12/25

 

まもなく8月15日だわね。

毎年、この日が巡ってくると胸が締め付けられる思いに駆られます。

 

 

 

中国にいたわたくしは、一刻も早く引き揚げなくてはなりません。

幼い娘を連れて、上海から鹿児島に船で渡ることになりました。

負けて帰るんですから、それは悲惨なものでした。

途中、軍人さんのお葬式を2回、行いました。

 

航海は大嵐で、当時のわたくしは泳げませんから、

もしも船が沈んだら娘を頼みますと主人にお願いをして、覚悟を決めていました。

 

桜島が見えたときには、どこからともなく歓声があがって、気が付くと涙があふれ出ていました。

 

 

 

鹿児島に上陸してからは、主人の実家の奈良を目指しました。まずは汽車で大阪まで。

人がいっぱいで窓が閉まらないものだから、皆の顔はススでまっ黒け。必死だったもの。気にも留めなかったわね。

 

奈良ではおじいさんをはじめ、皆さんが暖かく迎えてくれました。

本当に悲惨な状況だったけれど、帰る家があって本当に良かった。

空襲で家の無い人もたくさんいらしたから。実家がなかったら路頭に迷うところでした。

 

初めて家族の皆さんにお会いしたのだけれど、道中の汽車のススと日焼けのために、顔は真っ黒。

挨拶もそこそこに、お風呂に入ってさっぱり垢を落として顔を見せたら「あらあ! 色白かったんや」ってびっくりされました。

 

久しぶりに笑顔がこぼれたひと時でした。

 

 


《嵐超え 見上げた先に桜島》

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平和な世の中になりました

 

 

 H28.08.08・15号より

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

最新記事
RSS Feed
Please reload

Please reload

日本トイズサービス株式会社

〒111-0034

東京都台東区雷門2-6-1雷門ミハマビル7階

TEL:03-6802-7011 FAX:03-6802-7143

  • @gantsu_com

© 2019 gantsu.net All Rights Reserved.